2018.10.04 lookbook

WAITING FOR THE SUNのルックブックを公開

都内各所を巡回したフランス発のアイウェアブランド“WAITING FOR THE SUN / ウェイティング・フォー・ザ・サン”。
軽やかな着用感、そして環境保護に重きを置いたプロダクト背景。
高いクオリティを誇るアイテムを生み出すブランドは、ルックブックといったビジュアル面にも一切妥協がなく、あらゆる側面にクリエイティブ精神が垣間見られる。

 

本日はそんなWAITING FOR THE SUNのルックブックをいくつか公開しよう。
サングラス、アイウェアは今や年間を通して必須のアイテムとなった。
夏だけとは言わず気になった方はこれを機にぜひチェックして欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<WAITING FOR THE SUN>
フランス・パリ発のサングラスブランド。2010年よりデザイナーであるJulien Tual、Antoine Mocquardの2人がブランドをスタートし、エコやリサイクルを目標に掲げ、「土に還る素材」をコンセプトにWOODやBAMBOOなどの「木」をフレームに使用したサングラスを展開しています。レンズには、カメラのレンズ等にも使用される、ドイツのカールツァイスレンズを使用しています。
http://www.waitingforthesun.fr/

 

 

■ 関連記事はこちらから

夏の都内各所を“/WAITING FOR THE SUN”が巡回ツアー!ポップアップストアを一部レポート。

フランス発、新鋭アイウェブランド“/WAITING FOR THE SUN”のポップアップストアがCASE GINZA SIX 4Fにて開催。

 

 

 

Text: since(Tomoki Matsui)