2018.11.24 lookbook

アスリートも頷く英知を集結した究極のウェア“GrassNote”の2018秋冬ルックブックを公開

 

 

スポーツ、アウトドアブランドのデザイナーとして積み重ねてきた経験や知識を活かし、 実用性と機能性を落とし込んだカジュアルウェアを提案し続けている“GrassNote”から2018年 秋冬最新コレクションブックが到着した。

 

 

 


MIZUNO、THE NORTH FACE、Teton Bros.の外部デザインを手がけるデザイナーは、現役のアスリート達と直接コミュニケーションを取りながらスポーツウェアに求められる高機能、可動性といった、ありとあらゆる実用性を追求してきた。その英知をごく自然の日常的な洋服へデザインすることで生まれたのが“GrassNote”だ。

 

 

 

 


しなやかなドレープ感、伸縮性、計算し尽くされたいくつもの要素がこのコレクションの数々から垣間見られるだろう。スポーツで最も重要な体の動きを考え抜かれた特徴的なパターン、カッティングは見るに目を奪われる。

事実、“GrassNote”は国内外問わず様々なメーカーやブランドに好評を得ている。その理由には機能性に優れているだけではなく、美しさが詰まっていることだろう。この艶やかな魅せ方はブランド当初がレディースウェアからスタートした背景も大きく影響している。

 

魅力的な要素を添えるルーツであるレディースのコレクションもラインナップされている。ディテールから生まれる着心地の良さ、実用性は同様に、バイカラー、ドロップショルダー、オーバーサイズといったデザインが盛り込まれた女性らしさ溢れるプロダクトの数々が見て伺える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽快で、柔らかくて肌に馴染む優しい着心地。質実剛健なアウトドアウェアとは一線を画した究極のデイリーウェアを生み出す“GrassNote”からは目を離せない。

 

 

 

販売店舗などお問合せはこちらまで。

LOOKBOOK やプレスリリースの掲載依頼は こちら 
contact  / info@lignespring.com


Text: since(Tomoki Matsui)
TOMOKI MATSUI

1988年東京生まれ。
アウトドア、インポートブランドの店舗、WEB運営を経て、現在ライターからカメラマン、インタビュアーまで幅広く活動中。
「これまでと、これから」、過去と起点を表す“since(シンス)”をコンセプトに衣食住音、生活に寄り添う物事を中心に執筆。

@tomokiii0801