2018.11.08 news

パリからCIBONE CASEに送る希少なブローチ・ワッペン。フランス発“Macon & Lesquoy”による“tickle! tickle! tickle!”が開催中!

 

 

寒さが次第に増していく。お気に入りのニット、アウターをクローゼットから引っ張り出して今年も着るのが楽しみになるころでもある。


ただ、長年共にしたワードローブ達には、虫食いや擦り切れといった時を経てきただけの傷があるかもしれない。
そんな時、今だからこそワッペンやブローチで繕ってみてはどうだろう。


この度フランスはパリの“Macon & Lesquoy”が期間限定でスペシャルなアイテムを揃え、CIBONE CASE GINZA SIXにてPOPUP STOREを開催している。

 

 

 

 

 

 

デザイナーはマリー・マコンとアンヌ=ロール・レスコア。フランス・パリ生まれの骨董商を営む父を持つマリーと、天体物理学者を父に持つアンヌは生粋のパリの血と感性を受け継ぎ、彼女達はノスタルジアな物語を彷彿させる作品を生み出している。


そんな彼女達の“作品”は何気ないモチーフにひっそりと隠れるストーリーを有し、いつものワードローブに添えるだけで途端に特別なものに変身するのだ。


自分と共に時を刻んで来た特別な一着だからこそ、他にはない特別なアイテムを添えれば、愛着はより、一層増すはず。

 

 

 

 

 

 

また、デザイナー自身が選んだパリでしか手に入れることの出来ないワッペンを用いたCIBONEオリジナルのカードケース、クラッチバッグもご用意。

さらにはアーカイブから最新コレクションまで、日本では滅多にお目にかかれない希少なアイテムが幅広く展開される。

 

ここでしか手に入らないあなただけの1点ものを見つけて、ぜひあなただけのワードローブを、あなた色にさらに染めてみてはいかがだろう。


会期は11/16(金)まで。
ぜひ気になられた方はCIBONE CASE GINZA SIXまで!

 

 

 

<tickle!tickle!tickle!>
Macon & Lesquoy
開催期間:2018年10月24日(水)-2018年11月13日(火)
開催会場:CIBONE CASE

 

 

Text: since(Tomoki Matsui)
TOMOKI MATSUI

1988年東京生まれ。
アウトドア、インポートブランドの店舗、WEB運営を経て、現在ライターからカメラマン、インタビュアーまで幅広く活動中。
「これまでと、これから」、過去と起点を表す“since(シンス)”をコンセプトに衣食住音、生活に寄り添う物事を中心に執筆。

@tomokiii0801