2019.11.01 sns

伝統をモダンに再構築するYMC(You Must Create) の2019年秋冬最新ルックブックを公開

今年も個人的に楽しみにしていたブランドの1つ“YMC(You Must Create)”の2019年秋冬のルックブックが到着した。
90年初頭のマンチェスター、そして70年代にロンドンを魅了したパンクロックの先駆けからインスピレーションを得た音を感じさせる世界観だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のコレクションもデザイナーである“Fraser Moss”の世界観が色濃く反映されている。(彼を独占インタビューした回もあるのでぜひご覧いただきたい。)イギリスといえば「紳士服」といった真面目な印象があるが、YMCは伝統的な要素に捉われることなく果敢にトレンドをミックスされている。

 

 

 

 

 

 

 

 

その象徴がフリースやオーバーサイズシルエットに仕立てられたリラックス、ルーズフィッテイングのジャケットだろう。オーセンティックなデザインのアイテムに…コンフォート、トレンドを纏うそれらを生み出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

ディテールワークにも目を配らせてほしい。例えばベースボール、ミリタリージャケットやスケーターパンツ、大定番のアイテムを一捻りを加えている。オーバーサイズと自然に馴染むよう配された主張のある大きなポケットや、ノーカラージャケットのネックも特大に。ペイズリー、レオパードといった総柄のパターンも形を歪めさせオリジナリティを添えている。シンプルでありながらもデザイン性を感じさせる繊細なデザインによって唯一無二のタイムレスウェアとして昇華される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして素材使いにも要注目。由緒正しきスコットランド製のシェトランドウールを採用していたり、快適な着心地のイタリア製のモヘア混の太畝コーデュロイ、期中特注のインド製のハンドメイドニット、ポルトガル製の生デニム、シープスキンはロンドンから。これらの伝統的なファブリックに加え、GORE-TEXコーテイングを施したダブルフェイスのシアサッカーコットンなんて代物まで!高機能素材にも挑戦しているのもYMCらしいアプローチではないだろうか。

 

 

2019年秋冬ではウィメンズルックブックも公開される。メンズと同様に、伝統的なエレガンスと相反するかのようなモダンな雰囲気を一層強く醸し出している。ディテールワークに至っても拘られている。シンチバック、ペインターパンツ、真珠のスタッド付きスモックシャツなど、ワークウェアからインスピレーションを得られている。

 

 

 

 

 

 

 

 


キーワードはミニマル。上質な素材使いと洗練されたシルエットの服でルックブックは展開していく。ボンバージャケットなど一部のアイテムを着こなしているのも印象的である。ルールなんて一切ないけれど、そこには遊び心があってクリエイティブさ溢れでている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、今回のルックブックの足元を飾るスニーカーにも触れておこう。一見クラシックなシューズであるがカラー、スエード素材、もしくはパターンで切り替えて演出している。また、インソールもハイエンド素材を採用し、クッション製に富んでいて履き心地もYMCお墨付き。それぞれローカット、ハイカット展開。ここでも王道とトレンドが融合したデザインを見せつけてくれる。

 

 

伝統的な素材を使いながらも多様性を見せつける実にイギリスYMCらしいクロスオーバースタイルを見せつけるコレクションだと思う。
今年の秋冬もYMCは見逃せない。